気になる本屋。【笹部書店(豊中千里)】

posted in: PEACOCK64 | 0

ファイル_002 (1)

 

今日は前にも紹介した「豊中街バル合同ポスター」の配布で千里にある【笹部書店】さんにおじゃましました!

笹部さんとはmeet-up豊中でご一緒したんですけど、色々と話を聞くうちに一回行ってみたいな~と思っていたのです。

 

普通の本屋と何が違うのかと言いますとね…。

ファイル_000 (5)

 

…なっ!!!!!!(笑)

そこら辺の複合商業施設よりもイベントやってるやん!!!!!!!!!!

ファイル_000 (4)

今日、伺った時は「こどもプログラミング講座」をやってはって、ノートパソコンと教科書を見つめながらパチパチとプログラミングに熱中する子供たち。

その間にも、子供が駄菓子を買いに来たり、小学生がおつかいで食パンを買いに来たり、コーヒー飲んでる人がいたり、店の前でガチャガチャをしたりボール遊びしたり。

遊べる本屋ばりに遊べる本屋なのでありました☆

 

 

個人店の強みというかね、店主の個性が思う存分出せるのは良いなと思います。

店に入ってすぐ、本棚の一番前に並んでいた雑誌がこれ。

ファイル_000 (6)

もー…、思わず買ったね!!

全部、小屋。

世界の小屋特集。

小屋しか載ってない。

これが店頭最前列ですから(笑)

 

 

本のセレクトで店主のセンスを披露し、店自体のファンを獲得する。

「本を売る」本屋ではなく、本を選び並べることで世界観を演出し、個性を発揮する。

これってもうブランド戦略だと思うし、僕が本屋やるなら絶対こういう風にやりたいなと思うんです。

 

本とコーヒーと生活雑貨のお店。

今はまだフラフラしてるのでできないですけど、腰を据えてやれたらいいな~と。

 

 

本や紙媒体については来年くらいにちょっと面白いことをやろうと思ってるので、笹部さんとも何かできればいいなと思っています!

明日は尼崎に行きますけど、豊中も掘ればもっとおもろくなるやろな~という気がしてます☆

 ファイル_001 (2) 

 

あ、あの。

最近は喫茶のことあまり書いていませんが、毎日やってますからねー!!(笑)