【儲かる】という字は。

posted in: 喫茶ピーコック | 0

ファイル_000

 

今日は残り福。

いよいよえべっさんも終わり、明日からはいつもの服部です。

「商売繁盛笹もってこ~い!」と、もう何百回と聞きました。この3日間は駅前にお囃子が鳴り響いておりますので。(笑)

 

 

 

そういやこないだ、銀行で待ってる時に何気に手にした冊子に書いてありました。

 

「儲かるという字は、”信者”と書く」

 

 

「自分を信じる者」ととるか、「人に信じてもらえる者」ととるか。

人によって違うと思うんだけど、これってすごく大事なこと。

 

 

僕はよくスタッフに、「お金しか稼がないなんてもったいない」と言います。

技術や知識や人間関係や、信用や人徳や愛嬌などなど、「稼ぐ」という感覚が正しいかどうかはさておき、仕事は「減らしていくもの」ではなくて「自分の中に足していくもの、積み上げていくもの」っていう感覚が大事だと思うんですよね。

 

10万円という報酬を得たのなら、その金額に満足するんじゃなくって「10万円に至った経緯や内訳」をよく理解し、再現性を高める。

「稼ぎを得る」んじゃなくて、「稼ぐ力を得る」ほうがよっぽど大事です。

 

 

 

時給分しか稼がないのはもったいない。

それプラス、稼げるものは他にもっとあるし、将来的にはそっちの方が役に立ってきます。

 

何を得たか、よりも、どうやって得たか。

それを知れば知るほど、仕事は面白い。

 

 

 

ってゆーか。

 

漢字考えた人、すげーな!!!!!!!!!!!!!!!!!