コーヒーフェス、後記。

posted in: 64ROASTERS, S&CRAFT STORE | 0

 

やー、やっとこさ日常に戻ってきましたよ(笑)

こないだのに日曜日に行ってきた、ジャパンコーヒーフェスティバルのこと。

 

出店を決めてからの1ヶ月でイベント規模はどんどん膨れ上がり、もうなんだか「こりゃやべーな…」的な空気が漂っていたわけです。当初の規模の約3倍。。。

「こりゃやるしかねぇッペ!!!!!」ということで、真夜中に全力でガチャガチャや豆くじを作りまくり下鴨神社へ乗り込んだんだけど。

 

 

現地に到着してまずやったのは、テントの設営!!!!

しかもこのタイプ!!!!!!!(笑)

「え…、これって業者の人とかがやるんじゃ…」という目を全員がしてる中、”昔ちょっとやってた”というMAHOT COFFEEの大槻さんに続いて僕も参戦。

だって絶対間に合わないんだもん。

もうヤケクソの文化祭ノリでガンガン立ち上げまくって、テント立てるのも上手になってきたところで、

 

 

「ブゥ〜ン、ブブブ…」と嫌な予感。。。

 

 

後ろを振り返ると、荷台に会議机とパイプ椅子を山盛りに詰め込んだ2tトラックが到着。

「えっ…。」

「聞いてないよ〜!!!!!!!!!!!!!」と全身にビビビとくる。

まぁ、聞いてないというか、言われてもないんだけど(笑)

 

 

そうは言ってももうここまできたら男気の世界ですよ。

女子達見てるし。

 

 

そんなわけで、トラックの荷台に乗り込み、机と椅子を下ろしまくる。

アレもう、業者のおっさんやったですよね。

 

この時点で、腕・肩・首・肩・腰・足がビビビとくる(要するに全身です)。

冬の京都、朝8時に汗だく。

 

 

そっからも黙々と作業するんだけど、気がついたらもう9時半。

イベント開始は10時。

僕のお店はまだ車の中。(1ミリも準備出来てない)

 

 

 

「…。」

 

というわけで、あとはボランティアスタッフの皆さんにお任せして「S&CRAFT STORE」を始めるのでありました。

まぁ、前日にレイアウト決めはしていたので、せっせと物を置いて、ポップを書いて。

 

 

時間がなくってキレイな値札が用意できず手書きでやったんだけど、これが良かったですよね。

なんか個人商店の極みな感じで、ゆるきっちりな僕を体現したお店になりました(笑)

 

 

結局イベント自体が45分押しでスタートしてからは途切れることなくお客さんがたくさん来てくれて、ガチャガチャは100個を3時間で完売、豆くじも100個を売り切って、コーヒー豆やドリップパックもたくさん売れた。

特に、S&の雑貨たちは僕が個人的にオーダーして作ってもらっている他のどこにも売ってないものなので、すごく喜んでもらえました。

 

当然みなさまコーヒー好きだし、多少の混雑や混乱があったものの、事故などなく無事に終了したのでした。

僕はひとりで出店していたので、コーヒーは全く飲めず、トイレすら行けない状況だったけど(笑)

 

 

日が暮れてからは雨が降り始め、僕は月曜日の仕込みもあったので片付けが終わり次第ぼちぼち帰宅。

途中のミニストップでミニじゃないくらいのストップ&仮眠をしてなんとか服部へ。

 

疲労感と達成感、そして何よりの収穫だった「なるほどそうやねんな」という実感。

 

・10人中1人しか買わないものも、1000人に見せたら100個売れる。

・体験型イベントには家に持って帰るための「戦利品」が必要。

・それは単価が安く個数が取れるもの。

・商品を売るにあたって、手と手の間に「楽しさ」を挟む。

・買った後に体験が遅れてやってくる「待つ」楽しみ。

 

 

このあたりを実験&検証できたのが良かった。

ずっと僕は飲食・サービス業をやってきたので、物販ってすごく難しいなと思うんですよね。

まだまだ勉強しなきゃなと思いつつ、それなりの収穫もありつつ、楽しい日曜日でした!!

 

今年はこういうのもせっせとやっていきたと思います☆