楽しく暮らすための方法。


 

先週、「豊中こどもれもねいど&服部バル」の報告会があって市役所まで行ってきました。

ふたつとも「豊中魅力アップ助成金」事業になっていたので、市内あちこちの団体さんと一緒になってお話ししたんだけど。

最近はわりと「大勢の前で話す」っていうのが苦じゃなくなってきたので、ただひたすら楽しい。

パワーポイントとか使えないのでね、漫談形式でがんばってきましたよ(笑)

 

豊中こどもれもねいど」の話を中心に、おくるフェスやSoil&HAND.も含めて。

あんどはっとり”枠で取り組んでることも少々。

 

「服部バル」に関しては持論を展開しまくって、それはそれで面白かった。

「服部バル実行しなくてもいいんちゃう委員会」が脳内発足(笑)

もちろん委員長は僕で。

 

 

あとは【マチカネミート】の話が興味深かったな。

要するに「ワニの肉」なんだけど、豊中市が「マチカネワニ」をキャラクターにしているのもあるし、喫茶ピーコックの近くには「コッコドリッロ」さんがあるしで何だかすげー身近。

あちこちの方向に伸びそうなので、こちらも楽しみ。

僕は関わってないんだけどね(笑)

 

 

ああいう場所に参加するとすごく刺激を受けるし、自分がやっていることを振り返るいい機会になりますね。たくさんの人の話を聞いて、自分のスタンスや意義、周りと同じじゃつまらない根性がむくむくと湧いてきます。

去年はずっと「町とは?」みたいなことを自問し続けていて、尼崎ENGAWA化計画伊丹GREENJAMの方々に刺激を受けたり、本を読んだり調べたり、自分なりの答えを探したりもしました。その現時点での答えが「あんどはっとり」に繋がってるんだけど。

 

そして何よりも、たくさんのジャンルの方々の話を聞けたのが良かった。

役所の色んな部署の話、NPOや地域団体さんの話、市内農家さんの話、地域の商店さん、商店会さんの話。

 

 

で、結局のところ、何がしたいんや?と自分に問いただすと。

「楽しく暮らしたい」だけなんですよね。(笑)

 

ただ受け身で「楽しく暮らしたいなー」じゃなくって、「楽しく暮らすために、何ができるか?」なんですよ。

時間のお金と能力を適時適正バランスよく使って、自分の毎日をコーディネイトする。

「楽しい町」っていうのは存在しなくって、そこにいる人達が楽しもうとしているか、周りを楽しませる仕掛けを用意しているかってとこだなと。

ほんのちょっとしたことで、面白くもなると思ってます。

 

「あれだけ退屈だった学校に転校生が来て、好きになっちゃったもんだから毎日が楽しくなりすぎた中学生」みたいなもんです。

あの子に振り向いてもらうためにあらゆる仕掛けを考える。今日何回喋ったかを気にする。

 

自分の頭で考えて具体的に行動することこそが、毎日を楽しむコツなんじゃないかなと。

 

 

楽しい町・面白い町に住みたい!と思っても僕らはもう50年以上服部で商売してますので、ここを離れるわけはないんですね。

となると、「ここを面白くするしかねーじゃん!!」ってことになるんです。

住みたい町ランキング】の上位に住むんじゃなくて、「自分たちの町を住みたい町ランキング上位にのし上げていこうぜ!!!!」というクリエイティブ気持ちで楽しむしかねーなと。

 

 

 

 

豊中市魅力創造課の方々とお話しした内容を結局のところでまとめると、「人口増やしたい」に尽きるんですよね。

「住みたいっ!」「豊中大好きっ!」みたいなもんなんです。

 

「(楽しく暮らすために)町を面白くしたい僕 × 人口増やしたい豊中市」ってことですので、勝手にWin-Winを結びまして。

 

 

【 町を面白くしたい豊中市 × 人口増やしたい僕 】もありなんかなと。(笑)

  

 

お前何ゆーとんねん!という声が飛んできそうですが、こういうのは振り切ったほうが楽しいです。

「この世はでっかい宝島、そうさ今こそアドベンチャー」という言葉もありますので、当面の僕の方向性&コンセプトは【豊中市の人口増やす】でいこうと思います!!(笑)