【 4/23(日) 】マママ!出店者募集中です☆【あんどはっとり】


 

来月4月23日(日)に喫茶ピーコックで開催する「マママ! -ママのためのフリーマーケット-」では出店者を募集しております!!

以下、まとめ。

 

++++++++++

 

第2回 マママ! in 喫茶ピーコック(阪急服部天神駅東側、タクシー乗場横)

時間:10時~16時まで(雨天決行・荒天中止)

出店料:1000円(マママ協力店で使える金券1000円分と、当日は「まかない」付き!)

出店資格:豊中市内に住む小学生までの子供がいるご家庭

出店品:家庭での不用品、衣類、おもちゃ、絵本、学用品など

募集定員:9名(子連れ・グループ参加可)先着順

スペース:100×60cmのテーブル1台+40cm角のイス2台

(テーブルに載らないものはストックとして持ち込み可)

 

【マママ!協力店】

日本茶カフェ 茶ら咲

パティスリー gigi

バイクショップ FINE

和菓子 富貴屋

手織り雑貨 booworks

ケーキ、焼菓子 Uma Uma Cafe

カレー&コーヒー タカラカフェ

ダイナーズカフェ ALOHA Spirit

パンと焼菓子 Tetu&Sun

キッチン フジヒロサン

・天然酵母パン 緩

喫茶 ピーコック

 

※まだまだ募集しておりますので、ご興味ある方はメール、または各店頭の用紙にてご応募くださいっ☆

 

++++++++++

 

前回のマママ!はね、どちらかと言えばマルシェめいたものだったんですよ。

地域のお店が集結する的なやつでした。

 

で。

ここ最近、場づくりのこと、コミュニティのこと、イベントのこと、面白い仕組みを考えることをずいぶんと勉強しまして。

マママ!を企画する「あんどはっとり」としては、前とはちょっと違ったアプローチでやってみようと思ったわけなんです。

 

 

■全町民参加型であること。

はんどはっとり」のキモである、”全町民参加型内輪コンテンツ”。

主役は町でも店でもなく、人。僕であり、あなたであるのです。

マママ!は売上や利益追求ではなく、コミュニティツールです。

 

 

■お金をあまり使わない。

プロやセミプロの商品をお金出して買うのでなく、なるべくお金を使わないでみんなが繋がれるツールをと企画しました。

「いらない」と「いる」が繋がれば、あまりお金はかかりません。誰かの懐に入る「お金」ではなく、キャッチボールのように行き交う「もの」になればと思います。

ちょうどこの時期、進学や引っ越し、子供の成長などで子育て世代には「もう使わないもの」が増えてきます。それと同時に「あったらほしいもの」も増えてくると思うんです。

マママ!では値札をつける「商品」ではなく、「また誰かに使ってほしいもの」がたくさん並べばいいなと思っています。

極端な話、出店者さんだけのやりとりでも成立するようなものになればと。

 

 

■お金や気持ち(エネルギー)の「行く先」をデザインする。

マママ!では出店者さんから1000円を出店料として頂戴しますが、それと引き換えに「1000円分の金券」を発行します。

「100ht(100はっとり)札×10枚」という、僕が勝手に作る【地域通貨】です。

自分の店でやるんだし、「出店無料」でもできたんだけど、それではちょっと面白くないなと。

 

わずかでも純粋な出店料を取ってしまうと、出店者さんが僕にとっての「お客さん」になってしまい、出店者さんは「受け手」になってしまいます。

作り手、参加者、発信者として機能してほしいので、頂いたお金を等価で、別のものに置き換える仕組みにしました。

僕と出店者さんだけでお金をやり取りするのではなく、またそれを違う形でお返しして、それを地域で使ってもらう。

1ターンではなく、2ターン以降も続く、ラリーのような循環が生まれればいいな。

 

お金を払ってマママ!に参加するのではなく、マママ!の作り手になってもらえたらなと。

出店者さんへの「まかない付き」もそのためです。

 

 

■マママ!協力店の依頼。

今までのように「町の企画に市民が参加する」のではなく、「市民の企画に町が参加する」ほうが面白いと思っているので、町を巻き込む方法として「地域通貨」を発行します。

そしてそれが使える店舗に関しては僕の独断で選んでいます。

独断と言っても、小学生までのお子さんがいる家庭のお母さん方が普段使っていたり、おそらく好きなんじゃないかと思うようなお店を選んでいます。

コンセプトのあるショッピングモールのようなもので、それなりの基準を持った趣味嗜好でまとめました。

 

今までのように各商店会や区画や通りなどで分け隔てるのではなく、「似たり寄ったり」でまとめたほうが面白いなと。

普段から挨拶したり世間話したり、お願いしたり、お子さんがいらっしゃったりと、「なんとなく近いところにいるお店さん」。

会費で集まる組織ではなく、空気で集まるコミュニティが良いなと思うんです。

 

 

 

もちろん、当日(4月23日)は普通のお客さんも買えるし、通りすがりの方もぜひどうぞなんだけど。

まずは小さな輪で始めてみて、答え合わせをしたいなと思っています。

 

マママ!というコンテンツをみんなで作り、みんなで発信し、みんなが売り、みんなが買う。そしてそれに町やお店が協力する。

学校の運動会や文化祭なんてまさにそうだし、カラオケ大会なんかもそうですよね。

 

 

効率良くたくさん物が売れ、大きなお金が動くのではなく。

不要なモノが必要なヒトに届き、それにいちいち、気持ちや温度が付いてまわる。

小さなスケールにはそれなりの価値の動き方があるように思うし、大きければ良しという時代ではないように思います。

 

 

まぁ。

楽しい日曜日になればいいな、とだけ思うんです☆