うえしば家、広報に載るの巻。


 

「豊中こどもれもねいど」の伸び率がハンパなくってですね。

今年もまだまだ作り込んでる段階なんだけど、すげー感触が良いです。

 

今日はESDネットワークの上村さんと初対面。

TENでの活動のお話や、ここでも尼崎の話(笑)

しょうないガダバさんやキャリアブリッジさんのことなど、僕の知らないところで面白そうなことが起こっておる!!

ポケモンなんてゲットしてる場合じゃないですよ、おもろいおっさんをゲットした方が人生は絶対に楽しい!!(笑)

お城と同じく、全方向的に魅せていきますよ!!!!

 

 

ところでところで、豊中市の広報「とよなか」に、上芝家が全員載りました☆

地域創造や魅力アップの特集記事の一部なんだけど、去年の活動などを少々。

その右隣にはこないだ豊中野菜のことでお話しさせて頂いた「ラブとよネット」芳村さんが(笑)

 

こんな表紙のやつです。

市内全戸配布なのでそろそろ悪いことはできませんねぇ。

「そのメガネ、凶暴につき」みたいなポスター作ろうかしら。

PDF版もあるみたいなので、<コチラ>からどうぞ~☆

 

 

 

ひょんなことで始めた「豊中こどもれもねいど」が市内あちこちで広がっていて、色んな方から何か一緒にできないか?というお話をよく頂きます。

僕自身が「こどもれもねいどっていうのは、こーやってこーやって、そうじゃなくって、それはダメで…」って決めてなくって、みんなで作ればいいし「みんなが参加できて、色んな使い方ができるもの」であってほしいと思ってるんですね。

 

仕組みが合わなくて参加できないのなら、参加できるように仕組みそのものを変えてしまえばいい。

社会やコミュニティって、そうあったらな、と思うんですよね。

 

転校生が入ってきたら、「転校生込み」でクラスを作り変える。

「居場所を作る」とか「受け入れる」とかじゃなくて、作り変える。

 

そこを目指したり、そうなれるくらいの余白を残しておくほうが得策なんじゃないかと。

ここ最近はれもねいど関係で色んな方とお話しするんだけど、改めて僕のスタンスはそうかなぁと思います。

最強よりも、最適。

ダーウィンが言ってましたよ。

 

 

今せっせと仕込んでるネタを来月くらいからぼちぼちとリリースしていくんだけど、引き続きスタッフ募集中です!

今年はもっとでっかく、面白く。まだ考えてることの2割くらいしかできてない感じですので。

とにかくみんなで、遊びましょう☆