クラウドファンディング・ペイフォワード・エンターテイメント


 

昨日、秋から始める「豊中こどもれもねいど the MOVIE を作りたい!」のクラウドファンディング会議、初回。

れもねいど学生スタッフの谷口さんとミーティング。

あれこれとアイデア出しやコンセプト、ゴールなどの確認、修正。

まだもうちょっと先なんだけど、少しずつ進めてます☆

うまくいくといいな。

 

 

今日はお隣、庄内で打ち合わせ。

今ね、庄内にカフェを作っていて。僕がオーナーじゃないんだけど。

頑張る人を応援したい、挑戦する人を応援したい。

そのお手伝いでここでもアイデア出し、確認、共有、修正。

 

ここもコンセプトから関わっていきたいので、がっつり、じっくり。

ピーコックで培ったものがうまく広がると良いな。

 

ざっくり言うと、「ペイフォワードカフェ」です。

この場所で、この人たちとしかできないことを形にしたい。

 

 

 

夕方は今週日曜日「はっとり縁日」での八百子の打ち合わせ。

キャリアブリッジ経由で付き合いのある彼と段取り、流れ、役割の詰め。

今回は僕が関われない時間帯もあるんだけど、まぁ何とかやれるでしょう(^^)

そして閉店後はキャリアブリッジのみなさんとで前回の八百子の反省会(in 正宗屋)笑

 

 

今日、岡町のカフェグラン春本さんが来て、こんなの貰った(笑)

さー、何に使うんでしょうか??

いいこと思いついたので、また発表します☆

 

 

何か最近、おもしろい話や、おもしろい人や、おもしろい物がどんどん集まってくる気がしてて。

「これは負けてらんねーなっ!!」と思うので、僕ももっとがんばってふざけてやろうと思っています。

越えていかなきゃいけないんですよ、こういうの、そういうの。

 

 

 

「結果良ければ全て良し!」みたいな言葉があるけど、僕が今やってることって、意味の分からないオリジナルスポーツのルールを考えてるようなもんなんですよね。

 

どうやったら1点入って、何をやったら反則で、どうやったら勝ちかを決める実験みたいな。

 

だからそもそも、「結果」なんていう定義がないんです(笑)

今現在の状態が「いい感じ」か「あんまよくない感じ」のどちらかなだけで。

そうなってくると、「結果が出なさそうだから辞めておこう」とか「結果を見越してぶんの努力」とかができなくって。

 

 

採れ高を計算して見合うぶんの努力を効率よく回す、養殖みたいなやり方よりも。

 

結果がどうなるかわわかんないけど、とにかくもう目の前のことに全力で挑む!!!

みたいなほうがわかりやすい。

 

 

ネットで調べれば、統計だったり事例だったり類似例だったりで、自分の結果も何となく予想できちゃう時代。

でも、「うまくいかなそうだから」「結果に結びつかないから」「結果が見えてるから」という理由でストップかけちゃうと、ほとんど何もできなくなるような気がします。

 

「釣れなさそうだから、やらない」じゃなくて、「釣れなさそうな中に釣れそうな期待を残しつつ、その道のりの試行錯誤を全力で楽しむ」くらいの気持ちで取り組めばまた違ってくるんじゃないでしょうか。

 

 

「釣り」の中で一番楽しいのは、「前日の、仕掛けを仕込んでいる時」って奥田民生が言ってました。

 

 

さぁて。

何が釣れるんでしょうか、僕。


コメントを残す