未来の鍵を、握る。


 

月曜日の祝日、近所の住吉神社のお祭りに喫茶ピーコックとして出店してきました。

と言っても、店の方もスタッフが足りなかったので、僕は店にいて。

屋台の方は就労支援で関わっている「キャリアブリッジ」のメンバーにお任せして。

 

総代の方からご飯ものを出してほしいとのことだったので、「カレーおにぎり」なるものを創作。

ようするに、ドライカレーを握っちゃっただけなんだけど(笑)

 

 

今回のメンバーは6人で、初顔合わせが4人。

あとの2人は八百子も手伝ってもらっていたのでひと安心。

朝から200個近いおにぎり分のドライカレーをフライパンで1時間半振り続ける!!!!!

僕の役目はそこまでで、あとはメンバーにパス☆

 

 

仕切り役を立てていたので、それぞれに役割分担しながらこなしてくれました。

普段の通所では面談や適性検査などでそれぞれの関わりがないぶん、こうやって学祭気分でワイワイやるのも良いんじゃないかな。

子供もそうだと思うんだけど、座学だけじゃなくって、関わり合いや交流、遊びの中で学ぶこともたくさんあると思う。

 

 

最近また、「働くということ」を見直しています。

見直すというのかな、捉え直すとでも言うのか。

ずいぶん前に「飲食店で働くということ」という記事を書いたんだけど、それを踏まえて、もっと踏み込んで。

 

「仕事」であったり、「労働や報酬」であったり。

そのあたりのことをけっこう考えてて、ちょっとまとまったので近々記事にします〜

 

うまく届くといいな。

 

 

 

ほんとに各方面から、「いったいお前は誰なんだ、どの角度から喋ってんだ」とのお声を頂戴しております。

正直、僕にもわかりません(笑)

将来設計などなく、すべてアドリブでこなしてます。

 

 


2 Responses

  1. なかまつ とくこ

    「未来の鍵、握る」そのオニギリ、私も食べたかったです。

    食べた事がない、美味しさでしょう‼️

    中辛だよ❗️の像さんの絵、可愛いですね。

    それにしても、1時間半フライパンを振り続けるのは、想像以上に大変でしょうね。

    お疲れ様でした。

    「いったいお前は誰なんだ」と言われるとの事ですが、

    まぎれもなく、「上芝さん」ですよ。そう言われるところが、上芝さんの良いところだと、

    私は思っているのですが—-。。

    • peacock64

      そうですそうです(^^)
      ちょっと理解されにくいのですが、僕がどう生きてくのかっていうのは周りとの合意で決まっていくようなものだと思っていて。
      なので、人生をあまり緻密には設計しておらず、「誰と出会い、何を話すのか」でどんどん変わっていくと思ってます。
      そっちのほうが性に合ってる気がしてます(^^;)

コメントを残す