勝ちにいく。

posted in: News, PEACOCK64 | 0

遅くなりましたが、先週日曜日は「蛍池ハロウィンバル」でした。

団欒長屋での「こどもカルピススタンド」は台風で中止になったので、全力で”くいだおれ太郎”をやりきりましたよ(笑)

 

 

前々からしっかりと準備を整えていたので、万全のクオリティ☆

「コンテンツ制作にはマーケティングやプロモーション以前に、そのもののクオリティが絶対条件」とビジネス書に書いてあったので、ぬかりなくぬかりなく。

 

【仮装っていうか、もはや正装。】

 

 

努力の甲斐あって、皆さんに喜んでいただけたようで満足(^^)

スタバの店員さんも優しく接してくれました(笑)

 

 

晩はライブステージがあって、団欒長屋の渕上さんのジャズバンドにゲスト参加。

「団欒長屋のうた」と「豊中れもんのうた」を熱唱。

PA通してギター弾いて歌うなんて人生初かも。

緊張はあまりしないんだけど、傍から見ると完全に”調子に乗ったおじさん“ですよね(笑)

 

 

バルとはいえ僕お酒飲まないので、シラフでやりきりました!

がんばったーーーーー!!!!!!!!

 

 

はやく人間になりたーい!!!!!!(笑)

 

 

そもそもは、ファクトリーナップ西さんに作ってもらったメガネから始まって。

くいだおれ太郎か、ワクワクさんかってとこで揺れて。(笑)

衣装は、ゆら工房の西さん(同じ西さんじゃないですよ〜)に作ってもらって。

メイクは「シアターワーク豊中そらまめ」さんにやってもらいました!

 

団欒の渕上さん、バンドの皆さん、実行委員長の野口さん、吉田さん栗田さん、15年ぶりくらいに会った松本くん

イベントに行けばほぼ出会うTNN徳丸さんや市議の松岡さん、やっと会えた備後さん。

渕上さん繋がりでご一緒したギタスナフェス藤田さんご夫妻。

 

 

たくさんの人の中にいて、笑いや驚きや懐かしさだとか、色んな人が関わり合ってて。

「自分は周りの人の人生に、少しづつ登場している」っていう、大好きな映画のセリフを思い出しました。

 

まぁ、こんなカッコで登場されても困るかもしれないけれど(笑)

みんなが楽しんでくれて本当に良かった。

 

朝から晩までバタバタと動き回り、メイクを落として片付けをして、店に戻ってからは月曜日の仕込み。

この静かな時間、いつも色々巡るんだけど。

 

ふと。

「今日はいっぱい働いたなぁ」と思ったんですよね。

 

 

前にもちらっと言いましたが、「働く」というのは自分の時間や労力をお金に変える作業ではなくて。

「自分の時間や労力を使って、周囲が喜ぶよう働きかける」ことだと思うんです。

 

歌が良いのなら歌うし、コーヒーが良ければ淹れる。

話をすることや聞くことやアイデア出したりなんかもするし、人を繋げたり。

工場に行ったり農地に行ったり、商店街で賑やかしたり。

文章も書くし、デザインもするし、曲を作ったり。

大工をしたりミシンをかけたりもします。

 

 

クオリティを求めるのなら専門職に頼めばいいと思うんだけど、僕の基準は「喜んでもらえるか、笑ってくれるか」なんです。

それなら、何だっていい。へっぽこのちんちくりんだって笑ってくれる人はいる。

僕は僕のできる範囲で、できるだけ頑張ってみんなを喜ばせたい。

 

 

お金は感謝の気持ちやその価値を表す道具のひとつ。

お金を介さなくても(お金に変えなくても)、僕らはあらゆるやり取りをしています。

言葉や気持ちや仕草や表情、恩や義理や徳や信用。

 

最近はよく、献身的だとか町のために頑張ってるとか言われるんですけど、おそらくはきちんと等価交換されているはずなんですよね。

可視化、物質化されていないだけで、やはり周りに生かされているなぁと。

 

 

たまに疲れちゃったりモヤモヤしたりすることもあるけど、僕はやっぱり一生懸命でいたい。

空振りしたって空回りしたって、一生懸命の中にいたい。

 

どれだけ夢中になっても見失わないのは、みんながいるからです。

 

今年もあと2ヶ月。

夢から覚めないように、一生懸命働きます(^^)


コメントを残す