2分半に1杯のペースで売れた「こどもれもねいど」。

 

19日の日曜日「親子ぐるぐるフェス」で、こどもれもねいどスタンドを開催しました!

「こどもれもねいどアンバサダー」としての活動は初だったんだけれど、これがすごく良くって。

おおかたの趣旨や経緯については前回や前々回の記事を読んでもらえるとわかるんだけど、とにかくこども達は頑張りました。

 

 

冬休みにレモンシロップを自分たちで仕込むところから始まり、夢やチャレンジに向けてのワークシート作成、そして「スポンサー(今回は喫茶ピーコック)」に向けてのプレゼン。

そして迎えた、「こどもれもねいどスタンド」当日。

 

 

親子ぐるぐるフェス自体にもたくさんの来場者があって、こども達は元気に呼び込み。

そりゃもう、途切れることなく交代で声出していました。(^^)

その甲斐もあって、お客さんもずっと続いて。

 

イベント開催時間は、13時から15時半。

2時間半の間に、「60杯」を販売することができました!!

 

 

で、今回のレモネードは1杯「200円」だったので、売上としては「12000円」!!!!

原材料費である「5400円」はスポンサーである喫茶ピーコックが出資したので、純利益が12000円です。

参加したこども達は4人だったので、ひとり「3000円」を得ることができました。

 

 

スポンサーへのリターン(返礼品)も事前にこども達が相談して決めていて。(^^)

・こどもれもねいど1杯無料券

・れもねいどスタンドの実施報告書

・ダンボールで作る新幹線

 

 

そして、今回のこどもれもねいどスタンドは鶴見にある「こどもホスピス」に売上の一部を寄付するってのも、こども達で決めていたんですね。

■TSURUMIこどもホスピスhttp://www.childrenshospice.jp/

 

 

イベント終了後の精算と振り返りの中で、「みんな、お給料の中からこどもホスピスに寄付するって聞いてたけど、どれくらい寄付するの?」って僕が聞くと、

 

少し考えたあとに「1000円!」とひとりの子が言って、みんながそれに納得。

 

4人が1000円ずつ出しあった「4000円」とお客さんから寄付頂いた「1155円」を合計した、「5155円」をTSURUMIこどもホスピスさんに届けることが決まりました。

それぞれが頑張って手にした「2000円」は、自分たちの「やってみたいこと」に使うそうです。(^^)

 

 

振り返りの中でも、、

「200円で良かったんかなぁ?」

「100円ならもっと売れたかも。」

「でもそれやったら6000円やんな。」

「300円は?」

「300円はちょっと高いなぁ、、」

「紙コップに絵を書いたり可愛くしたら良かった〜!」

 

などなど、こども達と話す中で色々と改善案や試算が生まれて。

 

 

こども達が「あれ欲しい!これしたい!!」って思った時に、誕生日やお年玉やクリスマスも大事なんだけれど。

日常のちょっとした挑戦や目標、好奇心が生まれた時に「お母さん、僕ちょっとレモネード売ってくるわ!」みたいになれば、また視点も変わってくるのかなぁと思ったのでした。

 

そしてその体験を通じて、お金を得ることの他にも、信用や繋がり、付加価値や工夫など、「社会と関わる上で必要な本質的な部分」を肌で感じてもらえたらと思うんです。(^^)

 

今回の利益でのぼりを作ったり、ディスプレイ棚を買ったりっていう販促品に再投資して資産を増やしていくようなこどもが出てきたら、それはそれはたくましいですよね。笑

 

 

今回のれもねいどスタンドは「プレ」なので、ここから改善して春頃には「こどもれもれいどアンバサダー 公式ガイドブック」を制作します。

オフィシャルスポンサーも絶賛募集していますので、また声かけてください〜!(^^)笑

 

 

・・・

 

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 2020.07.29

    Don’t think,feel.
  2. 2020.07.23

    Summer Beauty 2020
  3. 2020.07.15

    日々、淡々
PAGE TOP