シンプルなライフ。

僕に頻繁に会っている人ならわかると思うんだけど、基本的にいつも同じ服です。

同じものをたくさん買い込んでます。

 

・紺色のTシャツ10枚(ユナイテッドアスレ)

・紺色のシャツ5枚(ユニクロ)

・紺色のスウェットパーカー3枚(ユナイテッドアスレ)

・黒のデニム3本(ユニクロ)

 

冬はそれにちょっとアウターを着回して。

リュックも靴も文房具も、日用品もほぼ全部決まったものを買っています。

「気分で変える、選ぶ」なんてことはなかなかなくって、「選ばなくていい」ことを選んでるんです。

 

 

でも、稀な買い物(家具とか家電とか)にはすごく時間をかけて選ぶし、自分のスタンダードを選ぶその時には、ずいぶんと時間をかけています。

例えば、財布や名刺入れは「ポルコロッソ」というブランドのもので揃えているんだけれど、ここに行き着くまでには相当時間がかかりました。

 

 

ジョブズやザッカ―バーグかよ!みたいな感じで言われることもあるんだけど、まぁ同じような理由です。(笑)

「あまり考えなくて済む」ことで自分の好きなことに打ち込めるし、けっして「どうでもいい」わけじゃないので。

 

 

家は賃貸だし、車はカーシェアだし、友達との物の貸し借りは頻繁なほうだと思う。

「自分の持ち物」も極端に少ないほうで、年々少なくなっていく気がします。

「たぶん誰か持ってるでしょ」くらいで物欲は収まります(笑)

 

テレビも見ないし、お酒も飲まないし、煙草も吸わないし、パチンコや競馬もしないし、金融投資もやんない。

ご飯も派手じゃないし、付き合いもそんなに多くはないしねぇ。

 

 

頭の中や未来はなるべくシンプルで見通しが良い方がいいし、フットワークも軽いほうが良い。

本質を見抜くにはノイズを拾わないことです。

 

 

ひとりで本読んで、文章書いて、自由に移動できたらそれが一番良いなぁ、と思う。

お金や時間、思考やなんかの資本はほとんど、「自分の活動」に充ててるんじゃないかな。

 

 

毎日鬼のように情報が押し寄せてきて「あなたへのおすすめ」をおすすめされまくるわけなんだけど、そんな時代とうまく付き合うには”主体性を持って選び取る”こと。

もっと言えば、「何を軸に生きているのか」ということ。

 

その軸さえあれば「欲しい、欲しくない」じゃなくて、「必要か否か」で判断できるはず。

とは言え、僕もそこまでストイックじゃないんだけどね(笑)

 

+++++

 

阪急宝塚線 服部天神駅前の「喫茶ピーコック」で毎月開催されている、「あしたの暮らしとよなか主催 種まきシアター」

今月と来月は「シンプルライフ」特集です。

 

■11月18日(日)18:00~ 「simplife ~小さくて美しい暮らしをさがしにいくロードムービー~」

 

 

 

■12月16日(日)18:00~ 「365日のシンプルライフ」

 

年の瀬に向けて、暮らしを見つめ直してみませんか?

 

…っていう、映画へのお誘いでした!(笑)

参加費、おひとり800円です(^^)

観たい方、DMなどでぜひお知らせくださいな。

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 2019.04.2

    続・亜論茶論
PAGE TOP