目の前の人を大事にする。

タイトルは今読んでる本の帯のことば。

 

 

ここ最近の大きな出来事といえば、長年連れ添ったホンダリトルカブが廃車になったこと。

ずっと前から異音がしてたんだけれど、ついに天国に行っちゃった。

 

とは言え、悲しみに暮れていてもしょうがないのですぐさま検索。

豊中市内でリトルカブがお手頃価格で出ていたので12時間後には即決購入。

 

黄色から茶色。

レモンからコーヒーといったところか。笑

 

 

年の瀬に入って今年の総括と来年の展望をまとめる。

とにかく、紙に書く派。

 

やりたいこともあるし、試してみたいこともたくさんある。

身近な人に話しながら、イメージを膨らませていく作業はやっぱり楽しい。

 

 

とある取材で僕自身のバックボーンやこれまでのこと、これからのことを話していると「宮沢賢治みたいですね。」と言われた。

雨ニモマケズくらいしかピンとこないので、ちょっと興味が湧いてきた。

 

喫茶ピーコックの本棚には「注文の多い料理店」がある。

また今度、伝記っぽいものでも読んでみようかな。

 

 

 

日曜日は上野東にある「つどい場ゆりちゃん」で鍋。

VR親戚という(昭和の広い家に何家族か集まったら親戚みたいだね!って遊び)イベントでもうすっかりおなじみ。

今回は男が多かったので、親戚のおじさんが集まって近況報告みたいな会になったけど、それはそれで楽しかった。

 

 

 

で、タイトルの本。

「クルミドコーヒー」という国分寺にあるカフェの店主による考察。

 

カフェ経営の話でもライフスタイルの提案でもなく、「経済」の話。

【コーヒー店×経済】の話は今の僕にすごく合っていて、むちゃ興味深い。

 

 

感覚的にだけど、この本は僕の人生を変える。

そう思った。

 

 

今日読み始めたのでまだ2章目なんだけれど、読み進めながら自分の思考が揺れているのがわかる。

じっくり読んでみたいと思って、ひさしぶりに自分のためだけにコーヒーを淹れた。

 

 

この本を読む前に書いた来年からの展望を書きなおさないと、と思っている。

つい数日前に書き終えた、練りに練った計画を。

 

 

人生、何と出会ってどうなるのか、誰にもわからない。

数日前の傑作が世に出ないことだってたくさんある。

ただひとつ、信じることができるものがあるとするなら

 

 

「いま、目の前に広がる景色」だけかもしれない。

 

それだけを頼りに進んでいく。

目の前の人を大事にするということは、自分の世界を大事にすることと似ているように思う。

関連記事

  1. 一生懸命を笑え

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP