“PEACOCK64″は家業である喫茶店のほか、コーヒー豆や雑貨・食器の販売、異業種ブランドとの商品開発・販売、イベント出店やカフェプロデュース、豆の卸売りやワークショップなど「コーヒーに関わる色々なこと」を扱っています。「飲料・嗜好品」としてだけではなく「ファッション・カルチャー・エンターテイメント」の視点からも“コーヒーのある暮らし・コーヒーで始まる1日”を提案できればと思い、日々思いつくアイデアや人との出会いを形にしています。

コーヒー屋の毎日が誰かの毎日を少しだけ変え、誰かとの出会いがまた、他の誰かの毎日を変える。それぞれの暮らしに溶け込む時間や空間の中に「コーヒーがあれば」と思うのです。

PEACOCK64 上芝英司

喫茶ピーコック

喫茶ピーコック

1964年(昭和39年)創業、祖父の代より受け継ぐ喫茶店はブランドの屋号にもなっています。

大阪豊中の服部天神駅前で半世紀以上に渡りコーヒーを淹れ続けることができるのも、地域のみなさまのおかげです。時代の流れに乗りながら、時代に屈せず、地域に愛される店作りを目指しています。

自家焙煎コーヒー・自家製カレー・サンドイッチやケーキなど日本の古き良き喫茶文化を継承しながらも、縁のある作家さんの作品を店内に散りばめたり、イベントフライヤーを掲示したりと常に新しい発見と出会いがあるような楽しいお店です。

64roasters

64ROASTERS

20年以上前に父が始めたコーヒー豆の焙煎業ですが、「サードウェーブコーヒー」ブームなどによりコーヒーに対する趣味嗜好は更に多様化しています。

しかしながら、「おいしい」という基準はとても曖昧です。同じ場所で長年続けてきた「地の利・知の利」を活かしながら、「いつもの」を提供できるよう日々努力しています。

CB(Clear Brown)・GT(Good Taste)・SR(Strong Roast)、渾身のブレンド3種をぜひお試しください。豆の挽き売りはもちろん、ドリップパックの製造やギフト商品なども取り扱っております。

S&CRAFT STORE

S&CRAFT STORE

「コーヒーのある暮らし」を考えた時に、コーヒーそのものがライフスタイルやインテリアに馴染む「アイテム」でなければいけないと思いました。

ただ単なる液体ではなく、それを惹き立てる雑貨や道具が必要だと思ったのです。選んだ物、出会った物を中心に、様々なブランドのアイテムを取り揃えています。

また、“S&CRAFT STORE”としてもオリジナルやWネームグッズを製作・販売しております。「人との出会いで物が生まれ、物との出会いで人が繋がる。」そんな暮らしの片隅に、そっと寄り添うことができればと思います。

デリバリーコーヒー(デリコ)

Deli.co

普段は喫茶として、「ちたちたつー」とコーヒーを淹れていますが、もっと気楽にコーヒーをしたいという思いからデリバリーコーヒー(デリコ)をはじめました。

ポット・カップ・ドリッパー・豆とコンロをトランクに詰め込んで、どこへだっておじゃまします。各種イベントやパーティ、ワークショップやショップ内カフェなど、規模に合わせて対応させて頂きます。

旅するコーヒー屋として様々な縁や出会いを大切にしながら、誰かの毎日を盛り上げたい。ミュージシャンが歌とギターで弾き語るように、豆とポットで淹れ語ります。

profile

< Profile >

PEACOCK64 上芝英司 (ピーコックロクジュウヨン うえしばえいじ)

略歴:1979年9月、大阪豊中服部生まれ。
24歳で家業である喫茶を始め、12年を経て「PEACOCK64」を立ち上げる。調理器具から電動工具まで幅広く扱う典型的な器用貧乏人。

浅くて広い知識と技術、好奇心と興味本位で突き進む、A型乙女座ヒゲメガネ。好きな言葉は「餅は餅屋」。