What is PEACOCK64?

家業である喫茶ピーコックをはじめとするコーヒーに関することのほか、
亜論茶論などのコミュニティ、自分が暮らす町(豊中や服部)に関わる取り組みやイベントの企画制作。
また、日々の生活や繋がりを実況する、喫茶ピーコック3代目店主「上芝 英司」によるライフコンテンツ。

喫茶ピーコック

喫茶ピーコック

昭和39年(1964年)創業。豊中の服部天神駅前で半世紀以上のあいだ地域に愛されてきた喫茶店。自家焙煎ハンドドリップコーヒーや自家製カレーなど、昔ながらの喫茶の面影を残しながらも、世代を問わずご利用いただいております。13テーブル38席の広々とした店内はバリアフリーになっており、ベビーカーや車いすの方でも難なくご入店いただけます。

64ROASTERS

64ROASTERS

喫茶や自家焙煎業の経験を活かした「本当に美味しいと思えるブレンド3種」を厳選してオンライン販売をしています。香りのCB、コクのGT、キレのSR。安定した鮮度と品質でコーヒーライフをサポートします。ご自宅用はもちろん、卸販売、ギフト用品、イベント出店やワークショップ、店舗運営や器具に関するご相談など、コーヒーに関するあらゆることを取り扱っております。

PRINT DRIP COFFEE

PRINT DRIP COFFEE

手軽に簡単に本格的なドリップコーヒーが楽しめる「ドリップパック」のパッケージをお好きなデザインでお作りします。企業やショップのロゴや手描きイラスト、ノベルティやプロモーショングッズ、各種案内や名刺などにも。また、コーヒーショップ向けの製造受託も承っております。写真やデータでの入稿はもちろん、手書き文字やイラストもご相談ください。

亜論茶論

亜論茶論

小さな文化経済生活圏なら自分たちで作れる!という仮説のもと日々検証を行っている実験的サロン。豊中にある喫茶店の跡地を利用したシェアリビング「亜論茶論」と非公開のfacebookオンラインサロンがあります。月額会員制ですが、「まち」の機能を作ってみよう!という、ゆるくて本気の社会実験です。興味ある方はこちらからどうぞ。

あろん書店

あろん書店

これまでの人生の起点になった本や影響を受けた本、勉強のために読んだ本やお守りのようなバイブルのような本など、「うえしば」を構成する言葉たち。ビジネスや自己啓発などのありきたりなカテゴライズではなく、余白のある言葉で括ってみました。亜論茶論の本棚から、思い出とともに少しづつ紹介していきます。Amazonリンクもありますが、亜論茶論では貸本も行っております。

うえしば

上芝 英司

1979年大阪豊中服部生まれ。
喫茶と文筆を嗜むA型乙女座ヒゲメガネ。
企画や作文、図画工作が得意。喫茶ピーコック3代目店主、「くじゃく町」主宰。
亜論茶論、一生懸命を笑え、など。

関連リンクLINKS

一生懸命を笑え
キキステナラズ
Rocks ForChile2020
ギタスナフェス
あろん書店

上芝 英司アーカイブス

喫茶ピーコックを飛び出して、PEACOCK64として地域に関わり始めた2016年。それからというもの、商店会のお祭りからフリマやマルシェ、地域農業やマンションの管理人、手話カフェや音楽フェスや写真展や晩餐会など、縦横無尽に地域と関わり続ける上芝 英司の日常をお楽しみください。

PAGE TOP