シングルオリジン

※この記事は以前「一生懸命を笑え.net」で公開されたものを加筆訂正して掲載しています。

 

 

前述の「タモリになる」でも書いたんだけど、僕らはそもそもオリジナルなんです。

たまに「オリジナリティを出そう!」と言って、誰もやっていない突飛なことを始める人がいるけど、オリジナルとは「原型」って意味。

周りを見渡してから決めるんじゃなくて、自分の原型を探ればいいんです。

 

 

原型ってようするに原体験のようなもので、小さい頃の自分がどうだったかとか、親が言う「あんた小さいときはこうやったで!」っていうやつ。

虫が好きだったとか、時間を守らなかったとか、熱中したら周りが見えなくなるだとか色々あるはずです。

 

その原型から始まって、一般教養や一般常識、失敗や成功などの「後天的な教育と経験」によって僕らは、わかりやすく言えば「真ん中に寄せられている」んですよ。

 

 

真ん中に寄せられることで、僕らは画一化されちゃって。

似たり寄ったりどんぐりの背比べ状態で過度な競争が起こって、優劣をつけられる。

自分と似たような隣人がいるが故に気になってしょうがない。

 

 

その結果、原形を留めていないオリジナリティが量産され、消費されてしまう。

本人には、「キャラ疲れ」だけが残る。

 

 

 

この状況をどう回避するか?

 

 

答えは簡単。

 

 

 

「子供のまま」、大人になればいいんです。

子供はみんな個性的っていうけど、「そもそもみんな個性的」なんですよね。

 

 

もっと好き嫌いだしていいと思うんだけどなー。

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 2019.04.2

    続・亜論茶論
PAGE TOP