母は画伯。

posted in: こどもれもねいど | 0

ファイル_000

 

さぁ、こないだの白塗りベニヤを、今度はウチの画伯にパス!!!!!

この家内制手工業の極みともいうべき分業制は、「豊中こどもれもねいど」において、かなりの勢いが出てきました!

 

僕、好きな言葉は?って聞かれたら、「餅は餅屋。」って言うようにしてるんですよ。

自分が器用貧乏なぶん、何かに長けている人を見ると羨ましいと思ったり、かなわんな!と敬服するわけです。

 

ファイル_001

何気なくさらさらと下書きをする画伯。

その後は、ペンキで色を入れていきます。

 

ファイル_002

僕には全く理解できない感覚で次々に黄色くしていきます。

たぶん、頭の中には完成図があるんだろうけどね。

ひとつづつ仕上げていくんじゃなくって、並行して違う図案の同じ色を塗っていくあたりが、僕にはわからない。

効率はいいけどさ、僕は苦手だな、並行作業…(笑)

 

ファイル_003

 

爆音でSPECIAL OTHERSをかけながら、ひとり黙々と塗っていく集中力とかって、消しゴムハンコの作業とかと同じなんかなーと思いつつ。

 

僕はやっぱり、細かい作業を何時間もやるとかよりも動き回ってる方が好きだな。

あちこち行って色んな人と話したり、お店で接客したり、仕込みしたりとかね。

もちろん、フライヤーとか名刺とかデザインしたりとか、作業もしますけどね、それはアクティブに活動するための助走というか仕込みというか、前フリなんですよ。

 

思いっきり緻密に計算して組み上げて、一気に爆発させるみたいなね。

大阪城のこと思いながら石垣組んでいくのはできるんだけど、キレイな石垣を正確に組んでいくだけっていうのはできない…みたいな。

よくわからん例えになってしまいましたが、ラフェットのケーキでも持って応援しに行ってきます☆

明日くらいには発表できるかな~