夏の日の2016。

posted in: 喫茶ピーコック | 0

DSCF0864

喫茶ピーコック、ひさびさに連休をしまして嫁さんの実家まで行ってきました☆

大阪の隣、兵庫県の日本海側、鳥取県の横、新温泉町まで、バスで4時間。。。

なかなかの長旅だったけど、まぁたまにはね。

 

親戚家族とみんなで焼肉したり、花火したり、海行ったり、遊覧船乗ったり、砂丘行ったり、ヒッチハイクの少年を乗せたり、温泉入ったり、滞在時間27時間のわりにはすさまじい濃度の週末でした。(笑)

 

 

そして、もうひとつの目的は。

喫茶ピーコックで使うお米を、お義父さんに分けてもらうこと!だったのです。

 

パンをTetu&Sunさんに変え、和菓子を富貴屋さんに頼み、ケーキをLa Feteにお願いし、お米をお義父さんに分けてもらう。

もうね、「おいおい、自分でも何か作りなさいよ!!!」という声が聞こえてきそうですが、僕の座右の銘は「餅は餅屋」。

これでもう調子のいいインド人なんか見つけてきたら最高ですよね!!(笑)

 

まぁ、ふとした思いつきから話をしてみたんだけど、快く了承してくれたので、ぜひぜひと。

そんで田んぼの写真やお米の様子を見るためにも、足を運んだのでした。

DSCF0853

今年はほんとに畑やら田んぼやらと縁があるんだけど、これも何かの入り口かなと自分の運命に興味津々。

今年の秋くらいから、喫茶ピーコックのご飯はコシヒカリとミルキークイーンのスペシャルブレンド米☆

お米もね、それぞれのいいとこ取りするようなブレンドが増えてきてるみたいですよ!

それはそれで色々とやってみたら楽しそうだなと。

 

そして数年後…

 

コーヒーのブレンドスキルを活かして、まさかまさかの「64農STARS☆」始動!!!!

なんてことにはまぁ、ならないと思うんだけど(笑)

 

 

DSCF0905

 

大阪と違って、まぁ涼しかったです。

暑いんだけど、大阪のような灼熱みたいな感じじゃなくって、僕らが子供の頃に体感した「暑い夏」がありました。

 

 

途中、ヒッチハイクで車に乗せた少年は17歳だったんだけど、進路がどうだとか都会がなんだとかで思い悩んでいた様子でした。

17歳といえば、僕が音楽で食っていこう!と思った年なんだけどね。

革と鋲とチェーンに巻かれてボロボロの服着てOi!Oi!叫んでたパンクキッズが、なんだかんだで20年後にはお米を求めてウロウロしてるわけですよ(笑)

 

「人生どうなるかわからんよ~」

とだけ言っておきましたが、さてどうなることやら。

 

とにかく大人はね、楽しまなきゃいけないですよ。

パフォーマンスとしてでも、「楽しんでる風」に見せなきゃいけない。

少年が「わー、ええなー!ずるいなー!早く社会出たいな!!大人になりたいなーー!!!」って思わせなきゃいけないなと思うんです。

 

だから、どの少年よりも勢いがあって、ノリがよくって、目が輝いていて、行動力があって、博識で、経験豊富で、余裕がなくちゃいけない。

そんなもん、できるかいっ!!と思うんだけど、「やってやるよやりゃいいんでしょうが!」という気概がまず、なくっちゃね。

 

 

少年と喋りながら、17歳の自分を思い出しながら、海と山を走りながら、「まぁ、悪くはないな。」と今の自分に喝を入れる。

あの頃のパンクはまだまだ健在なのです。