ぼくらが餅をつく理由【2017.12.30】

 

いよいよ究極のノリと思いつき企画「ピーコック祭 2017」が明日(大晦日)に迫っております。

世間をお騒がせしていた「蒸し器と木枠」問題も無事に解決しまして、あとは当日本番のみ。

 

よし、そろそろやるか。

ということで、おっけーぐーぐる!!!!と

 

 

「餅のつき方」を調べる。

 

スタッフに嘘でしょ!?という顔をされましたが、これがマイスタイル。

好きな食べ物は最後にとっておくタイプです。

どうやら、12時間ほど水に浸すもよう。

 

 

心配していた天気も、もしかしたらもしかするかもと晴れ男パワーを継続中。

まー、なんとかなるやろ。

 

 

ほんで今日、プレイベント「服部の中心で、臼をさけぶ」開催☆

石臼を支える木枠がないから、みんなで作っちゃおうぜ!という無理矢理な企画に、れもねいどファンクラブ会員の神波さん瀬川さん、晴れピカ屋の浅川さん、言うたもんガチ!の備後さん、尼崎 月と風との景山さんが来てくれて。

みんなでワイワイ作りましたよ☆

 

 

イベントのためのイベント、自分たちが楽しむために努力する。

これってすげー大事。

楽しませてもらおう!なんてつまんないですよ。

   

 

まいど安定のこどもクオリティ(^^)

のこぎりもビス打ちも子供たちがやってくれました。

大人はちょこっとサポートする程度で。

 

あとは明日、臼を乗せてみてどうや!!ってやつ。

楽しみですね、木枠☆

 

 

そんでもって、今日から正月の飾りつけ。

「豊中れもん」のパイオニアとしてはぶっちぎっていった方がおもろいと思ったので、日本の文化と伝統を諦めて(家族の反対を押し切って)「かがみれもち」を設置。

これが豊中のスタンダードになることを願う。

 

そして、しめなわもカスタマイズ。

れもんの可能性を広げ続ける男。

 

 

100人分の豊中豚汁は市内農家さん全面協力のもと、相当な数集まる(笑)

秋の台風の影響もあって数が少ないなか、集めてくださいました(^^)

明日は9時くらいから準備始めてますので、手伝うよ!ってかたはお願いします☆

 

 

やー、しかし激しい年末ですよねぇ(笑)

自分で詰め込んでるのもあるんだけど。

楽しいか、楽しくないか、だけで生きてます。

 

 

でもほんと、前にも言いましたけど、行動を起こすたびに自分の中で「?」だったことがわかってきて。

今日もいっぱい学んだ。

 

なんでみんなで作るのか?

なんで人に借りるのか?

なんでわざわざ手間を増やすのか?

なんで外でやるのか?

 

 

効率良く時短でやることで生産性が上がると思いがちだけど、そういう手法で生産されるものの価値がだんだん下がってきてるんですよね。

生産性が上がることと、価値が上がることは全くの別物です。

そういう場合もあるし、そうじゃない場合もなる。

そこをきちんと見極める。

 

人工知能には勝てっこないです。

僕らの土俵をしっかり作らないと。

 

 

 

 

はー、今年もやりきった!!!

明日はいつもにも増してフワフワしてると思います~

 

 

誰か僕にレッドブル買ってください!(笑)

https://www.peacock64.shop/items/8633055

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP