喫茶ピーコックは4月1日から禁煙にします。

 

 

17歳から20歳まで働いていた、西中島南方の喫茶店。

夕方に毎日来る、白髪の紳士でどこかの会社の社長さん。

ものすごく几帳面な方で、タバコを1センチ吸っただけで消しちゃって、灰皿に同じ向きにきれいに並べていく人。

 

 

21歳の時に少し働いていた、西梅田の喫茶店。

毎朝7時の開店と同時にカウンターに座る、マンデリンブラックのおじさん。

コーヒーとタバコと新聞。

マスターと静かに喋りながら、朝の時間を愉しんでた。

 

 

25歳から始めた、喫茶ピーコック。

「俺は頭が良すぎておかしくなったんや〜」と言って毎日来る変わったおじいさん。

他のお客さんにすぐ「タバコ1本欲しいねんけど」って言うもんだからよく注意してた。

 

 

バンドをやっていた時もレコーディングスタジオでメンバーがタバコを吸いながら「もうちょっと右に振ったほうが、、」とか「キックの音もう少し前に出そうかな」とか言ってる時に、僕は「でん六のブロックピーナッツチョコ」をほおばりながら頷いてた。

 

 

 

昭和39年から続く喫茶店を営む家に生まれて、他の喫茶店でバイトしたり音楽にのめり込む中で「タバコ」にはいろいろな思い出があります。

でも僕は、今までに1回も吸ったことがないし、指に挟んだこともなく、吸いたいとも思ったことないんですよね。

 

 

喫茶ピーコックはずっと喫煙だったし、タバコを吸いに来るお客さんがたくさんいます。

禁煙にすることについては店頭の張り紙にも書いたんだけど、とはいえ何かひとつ楽しみを奪っちゃったような気もしています。

 

なかなかの決断でした。

 

 

 

オリンピックや万博や世界の基準、地球のことや健康のこと。

社会は色々なことを内包しているし、時代の流れや環境への適応も大事。

 

 

 

「 地域のお茶の間として100年続ける 」

 

 

事あるごとに繰り返しているこの目標を達成するために、喫茶ピーコックはあらゆる手を尽くします。

もちろん、売り手よし、買い手よし、世間よし、です。

 

 

あと、44年。

よろしくお付き合いください。(^^)

 

 

 

 

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 2020.07.29

    Don’t think,feel.
  2. 2020.07.23

    Summer Beauty 2020
  3. 2020.07.15

    日々、淡々
PAGE TOP