【服部モトマチ展】この借りは、カリーで返す。

 

さて。

引き続き、「服部モトマチ展」です。

 

チラシも出来上がり、いよいよ準備も勢いを増してきました(^^)

チームギタスナの「地元の人から集めた写真をスキャン大作戦」が功を奏し、素晴らしい出来でプリントまで仕上がりそうです。

写真100枚をひと晩でスキャンする大人たち

クラウド上でがんがん画質補正かけていくチームギタスナ

A4に引き伸ばしてもなかなか楽しめる画質です

 

そんでもって会場設営班の太田さんも現場調査からの平面図、さらには写真の割り振りやレイアウトまでを一気に仕上げてくれて。

本気度マックスの平面図が届いてテンション上がる

 

もうこれ、「どういう遊びやねん!」っていうクオリティの高さ!!笑

ププププ、プラダン×24枚!?

 

さらには、会場の床に敷き詰める「プラダン×24枚」という鬼ミッションに颯爽と反応してくれる友達&速攻で動いてくれる亜論茶論メンバーズ。

助けてー!と声を上げてから1時間たたずしてプラダンが24枚到着。笑

困ったときのフェイスブック

30分で3人が手を挙げる

1時間弱で現物が手元に到着 笑

 

 

ほんとにね、「こんなんやったらみんな喜ぶやろなー!」ってとこからなんですよね。

しかもその「みんな」っていうのは、ピーコックのお客さんとか服部にいてるおっちゃんおばちゃんおじいさんおばあさん。

それを自治会や商店会や振興会が企画するんじゃなく、個人が友達と遊ぶ感覚でやってみる。

 

もちろんそれなりに内々では緻密に設計してるんだけれど、なんだかそれはもう「文化祭」状態なんですよね。

そもそも、僕一人でできるようなイベントじゃないし、期待感も含めると相当なボリュームになるなぁと思っていて。

 

 

「年末の忙しい時に、うえしばってほんまに、、、、笑」なーんて呆れながらも動いてくれる友達。

ほんまに感謝しかないっす。

あとは当日のお客さんの笑顔だとか昔話だとか、そういうのが全てを溶かしてくれると信じて。

 

 

まぁでも、この「服部モトマチ展」開催に向けてのピンチは少なく見積もってもあと「3回」はやってくると思うので、もしみなさんお時間とかあったら文化祭ノリで良いので協力してくださいな(^^)

 

この借りは、カリーで返す!!!!!

 

そんな冗談(おやじギャグ)飛ばせるくらいには楽しめてますので安心してください~☆

 

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 2020.06.23

    趣味と仕事
PAGE TOP