ウエシバーイーツをご注文頂いた皆様へ、お詫びとお願い。

 

4月13日から5月6日までの21日間で合計48名、カレーとハヤシルゥ「340人前」をお届けした「ウエシバーイーツ」。

 

ふとした思いつきにも関わらず協力して頂いたみなさん、ありがとうございました!

上の写真を作りたいがために走り回ったんだけど、もうなんか完璧な仕上がりになりましたよね(^^)

 

 

 

で、ここからが本題なんですが、みなさんにお届けした喫茶ピーコックのカレー。

あれ、お店で出しているカレーとは少し違うんですよね。

 

 

 

喫茶ピーコックの創業は昭和39年。

僕で3代目、今年で56年目です。

 

あかん、、、写真がこれしかなかった 笑

 

 

56年間、「コーヒー&カレー」の喫茶店として、服部天神の駅前でずっと営業してきました。

そんで、喫茶ピーコックのカレーって、開業以来「ずっと継ぎ足し」なんですよね。

 

言い伝え通りだと、「56年間ずっと継ぎ足してきた」わけです。

(※僕が継いで15年は確実に継ぎ足してます 笑)

 

 

昔、ウチのおばあちゃんに「そもそも、カレーってどうやって作りだしたん?」って聞いた事あるんですね。

喫茶ピーコックの前身は「のせや」といううどん屋だったんだけど、「カレーうどんを作りたかったから、そのへん歩いてた台湾人のコックに聞いた」んだそうで。

 

 

「そのへん歩いてた台湾人のコック」!!!!!!笑

 

そんなわけで、喫茶ピーコックのカレーの源流はそこからスタートしたんです。

昭和25年創業の「のせや支店」、のちの喫茶ピーコック

 

 

で、今回みなさんにお届けしたカレールゥは、「56年間炊き続けたカレーの寸胴」を通ってないんですよね。

いつものレシピで炊いて、数日寝かしたものをお届けしたんです。

「えー、そうなん!なんでやねーん!!」って思われたかた、すみません。

 

 

もうこれはオペレーションの都合上、しかたないことなんだけど。

もちろん、おいしいんですよ。僕が作るんだからさ。

でも、お店の味とは少し違うってだけなんです。

 

 

本当はね、服部56年カレーを食べてもらいたいのは山々なんだけど。

コロナの影響があるうちはしょうがないですよね。

ピーコックのカレーは店の外に出せないので。

 

 

 

なので、みなさん。

コロナが収まってまた普通の日々が戻ったら、ぜひぜひ喫茶ピーコックまで足を運んでくださいな。

代々受け継いできた「56年目のカレー」を用意しておりますので!(^^)

 

引き続きご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

喫茶ピーコック3代目店主 上芝英司

なぜか乾杯の写真を

 

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 2020.07.29

    Don’t think,feel.
  2. 2020.07.23

    Summer Beauty 2020
  3. 2020.07.15

    日々、淡々
PAGE TOP