【パパパ!】お絵描きドリップコーヒーパック【街ゼミ】


いよいよ今週の日曜日は「パパパ!」なのです。

 

6組のハンドメイド作家さん達と「親子で作る父の日ギフト・ワークショップ大会」なんだけど、喫茶ピーコックは「お絵描きドリップコーヒーパック」をします☆

 

 

今日はちょっと、そのご紹介を。

ようするに、ドリップパックの袋に子供たちが自由にお絵描きをしてお父さんにコーヒーをプレゼントしよう!ってことなんだけど、どうせやるんなら全部自分で作ったほうが達成感あるんじゃないかなと思って。

 

…というわけで、当日の僕はニコニコしながら様子を見てるただのおっさんです(笑)

あとは子供たち、がんばってくれぃ!!

 

(1)コーヒー豆を15g、計量します。豆は64ROASTERSのGT。

 

(2)それをコーヒーミルでガリガリと挽いていきます。

 

(3)子供たちにとってはなかなか大変な作業だろうけど、苦労がなくっちゃ達成感がないですからね。

 

 

(4)コーヒー粉を専用の袋に入れます。

 

(5)シーラーで圧着。一般的なドリップパックは10g前後なので、ウチのはパンパンです(笑)

 

 

(6)クラフト袋(外袋)にペンやマスキングテープなどでメッセージ、イラストを。

 

(7)できた袋に先ほどのコーヒーを入れて。

 

(8)もう一回、シーラーで圧着。これでもう完成です☆

 

   

(9)会社へ持っていったら昼休みに同僚に自慢できまくり!!のドリップパックが出来上がりです!!

 

重ねて言いますけど、僕はニコニコと様子を見てるただのおっさんです。

もちろんサポートはしますが、こういうのは自分で作ったほうが絶対に楽しい!

ということで、子供だけじゃなくって、大人のみの参加もオッケーです☆

 

使い方はそれぞれ、グッドアイデアをお持ちしてります〜!

 

 

 

 

これって、去年開催した「おくるフェス」の途中に思いついたやつなんですよね。

その日はハンドメイド作家さんやイラスト描ける方がたくさんいらっしゃったので、ちょっとどうですか〜?って感じでやってみたんだけど。

それを見た子供たちが「僕たちも描きたい〜!」というので渡してみたら、こりゃ良いぞ!!!!ということになりまして。

 

 

コーヒーを飲料として製造販売するんじゃなくって、人と人を繋いだり、気持ちを伝えるツールとして使う。

よくよく考えてみたら、コーヒーって日常に溶け込んでいるものだし、いろんなシチュエーションで登場してきますよね。

味や品質はどうでも良いっていうわけじゃないけど、「コーヒーで人を喜ばせる」というのはいろんなやり方があるなと思ったんです。

 

ちょっとこのあたりは探っていきたい部分で、味や品質の求道大会や、おしゃれデザイン大会、情熱価格大会に巻き込まれないように、僕の持ってる他のチャンネルとの掛け算を考えるとまだまだ余地はあるなぁと。

 

特に専用の器具がいらず、1ポーションで密封されてて日持ちもするし、単価も安い。

手軽にドリップコーヒーを飲みたいよねって人にはうってつけです。

ちょっと今年はこれをがんばります(^^)

 

あ、ちなみに、パパパ!でのドリップパックは「100円」です☆

予約などいらないので、当日ふらっと喫茶ピーコックまでお越しください〜!

 

お店の前では子供たちが”子供八百屋”「八百子(やおこ)」をやっています!